忍者ブログ
理想の身体はキッチンで作る。

白だし常夜鍋

薄切り豚肉とほうれん草を使った、有名なシンプルお鍋です。
本来は水炊き料理ですが、白だしを使った鍋にアレンジしてみました。


◆材料&栄養成分
<材料>
・豚肉(※):150g
・ほうれん草:40g
・油揚げ:1枚
・白だし:50cc
・糖質0清酒:15cc
・水:300cc
※豚肩ロースしゃぶしゃぶ用、または豚バラ薄切りがおすすめです。

<栄養成分(豚肩版)>
熱量:395.31kcal
糖質:2.36g
蛋白質:34.01g
脂質:27.76g
食物繊維:1.12g
PFC:34.41%/63.20%/2.39%

<栄養成分(豚バラ版)>
熱量:638.91kcal
糖質:2.21g
蛋白質:27.56g
脂質:57.76g
食物繊維:1.12g
PFC:17.25%/81.36%/1.39%

※スープは半分だけ飲むと想定。



◆手順
1、材料をカットします。
ほうれん草は3等分に、油揚げは三角に切ります。

2、鍋を用意します。
鍋に白だし・糖質0清酒・水を入れ、具材を入れます。
ほうれん草は茎の部分だけを先に入れます。

3、加熱します。
中火で7分程度で火が通ります。
火を止めて、仕上げにほうれん草の葉の部分を入れます。(余熱で火を通すイメージ)

4、Enjoy!
熱いうちにお召し上がり下さい!

〆は糖質0麺と溶き卵でうどん風にしてみました。


もちろん、豚バラ薄切り版でも美味しいです。



◆調理のコツやアレンジ
・ほうれん草の葉は仕上げに入れる
ほうれん草はすぐに火が通るので、火から下ろしてテーブルに配膳している最中に火が通ります。長時間煮込んでしまうと色が褪せてしまうので、仕上げに入れる感覚が良いです。

・スープを飲む量で糖質が変わる
今回は白だしを50cc使っていますが、白だしにも50ccで3.75gの糖質が含まれています。
どの鍋でも言える事ですが、糖質を極限までカットしたい場合はスープを飲む量を減らすのが良いです。

・本来は水炊き鍋
「常夜鍋」は、本来は水炊きであり、ポン酢で頂く料理です。
……が、個人的に「水炊き+ポン酢」という鍋が好きではないため、白だしを使った鍋にアレンジしてみました。
水炊きって手抜き感があって好きじゃないんだよね…。えっ、そう思うの俺だけ?
なお、名称の由来は「美味すぎて夜通し食べられるから」「毎晩食べても飽きないから」など、所説あります。
特に決まったレシピは無く、豆腐や椎茸、小松菜などを入れる場合もあるそうです。



冬と言えば鍋ですよね~(*´ω`*)
具材と〆にさえ注意すれば、低糖質の鍋を楽しむ事ができ、調理手順も「全部入れて煮込むだけ」なので、簡単に作ることができます。

今年の冬も、低糖質でヘルシーな鍋をお楽しみ下さい!



拍手[0回]

PR