忍者ブログ
理想の身体はキッチンで作る。

BCAAゼリー

糖質0、カロリー0の分岐鎖アミノ酸ドリンクとして有名な「Scivation, Xtend BCAA」を使用したゼリーです。
500g丸ごと全部食べたとしても、カロリーはわずか36kcal!
糖質ゼロで超低カロリー!もはや太る要素がどこにもありません!


◆材料&栄養成分
<BCAAドリンク>
Scivation, Xtend BCAA:14g(付属スプーン山盛り1杯)
・水:400cc

<ゼリー液>
・顆粒ゼラチン:10g(500gゼリー相当量)
・水:100cc

<栄養成分>
熱量:36.8kcal
糖質:0g
蛋白質:9.2g
脂質:0g
食物繊維:0g

PFC:100%/0%/0%

※500g全部食べた場合の数値。



◆手順
1、BCAAドリンクを作ります
今日はマンゴー、グリーンアップル、グレープを用意しました。
少し濃い目にする必要があるので、14gあたり水400ccの割合で作ります。

2、ゼリー液を作ります
100ccの水を沸かし、少し冷まします。
ゼラチンを入れて良く溶かし、BCAAドリンクを混ぜます。

もしくは、耐熱容器にゼラチンとお湯を入れ、よく溶かした後に、BCAAドリンクと混ぜても良いです。

3、型に入れ、冷蔵庫で一晩冷やします
冷蔵庫で冷やして固まれば出来上がりです。

500g丸ごと作って食べても美味しいです!



◆調理のコツやアレンジ
・色んな味でお試しあれ!
Scivationの「Xtend BCAA」シリーズは、非常に多くのフレーバーが販売されています。
今回使用したマンゴー、グリーンアップル、グレープの他にも、レモンライム、ブラッドオレンジ、スイカ、ブルーラズベリー、ストロベリーキウイ、ピンクレモネード、パイナップル、フルーツパンチ、タンジェリン(みかん味)……など様々なフレーバーがあります。
異なる種類のフレーバーを買っておけば、日替わりで違う味を楽しむことができます。

・ゼロコーラよりも健康的?
BCAAは、本来はトレーニング最中のドリンクとして利用するのが一般的な使い方ですが、私の場合は、単にゼロシュガーのドリンクとして、飲みながらお料理したり、冷えた炭酸で割ったり、今回のようにゼリーの材料として使ったりしています。
BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、それ自体に筋肉の崩壊抑制・合成促進の効果があり、単にゼロコーラを飲むよりも筋肉のためにプラスに働きます。(コスパも良いです!)

・ゼラチンと寒天の違い
ゼラチンと寒天はよく似ていますが、全く別の物質から作られており、その特性・調理法が全く異なります。

<ゼラチン>
牛や豚から抽出したコラーゲンから作られている。
沸騰しない程度のお湯(50℃~60℃)で溶け、20℃以下で固まるので、夏場は室温で型崩れする。
生のパイナップルやキウイなどはタンパク質分解酵素があるので、生の状態で投入すると固まらなくなる。
栄養成分は蛋白質のみ。蛋白質の分のわずかなカロリーを持つ。

<寒天>
テングサやオゴノリなどの海藻から作られている。
90℃以上で溶けるため、沸騰したお湯で煮溶かす必要がある。
30℃帯の常温でも固まるため、夏場でも型崩れしない。(一度固まると再加熱しても溶けない)
実体は食物繊維であり、カロリーはゼロ。

ダイエットスイーツとしてはどちらも利用可能ですが、ゼラチンを寒天に置き換えて作る場合などは、調理手順が変わりますので注意が必要です。


「普通のゼリー」は砂糖たっぷりであり、「糖質0ゼリー」は高価格なのでお腹いっぱい食べられない…。
そんな甘いもの大好き系デブの名残を持つこの私が編み出したのは、「自分で作ればイイじゃん!」という結論でした。

夏場の暑い時や、食後や風呂上がりにチョット冷たくて口当たりの良い物が食べたい……そんなカユい所に手が届く一品です。
罪悪感ゼロで食べられる冷たくて美味しいデザートをお楽しみ下さい!



拍手[1回]

PR