理想の身体はキッチンで作る。

Atkinsバー レビュー (前半戦)

由緒正しき低糖質バーにして「どキツイ甘さ」と形容されるAtkinsバーを14種類大人買いしたので、実際に食べてみた感想&栄養成分を掲載します。
本記事は前半7種類のレビューとなります。(写真の量が多いため、前半と後半に分けることにしました)
また、記事内に紹介コードも付記してありますので、使って頂けると喜びます。



【iHerb内Atkinsブランドのページ】
https://jp.iherb.com/c/atkins

【iHerb紹介コード】
HAL5455

【Atkinsバーの箱色】
赤箱:タンパク質と食物繊維が詰め込まれた食事、食事代替品。
青箱:ほどほどの量のタンパク質と食物繊維が含まれた軽食。
紫箱:食後のおやつに最適な甘ったるいデザート。タンパク質は少なめ。



◆Atkins, クッキー&クリーム・バー
細かく敷き詰められたほろにがサクサクのココアクッキーと、チョコレート&クリームのコンビネーション!分かりやすく言うとオ○オバーである。チョコレートコーティングされたちょっと硬めのオ○オバーのような味だ!
本家のオ○オは糖質の塊だが、Atkinsのオ○オは低糖質でヘルシー!
私にとってオ○オというお菓子はAtkinsになった。さようならオ○オ!こんにちはオ○オ!
※真冬に食べると少し硬いので、室温で温めると良いかも知れない。

※1本あたり
糖質:4g
蛋白質:14g
脂質:11g
食物繊維:9g



◆Atkins, キャラメル・チョコレート・ピーナッツ・ヌガーバー
THIS IS ス○ッカーズ!!
ぬっちょりと奥歯に絡みつくキャラメルとピーナッツヌガー(ソフトキャンディ生地)がお口の中をヌルヌルのトロトロのしあわせ空間に仕立て上げる!
でも低糖質!なんと1本あたり糖質2gだ!ス○ッカーズなのにヘルシー!
1本だけ食べようと思っていて気が付いたら3本無くなっていた事もある。
しょうがないから今日は3本だけにしようと自制の念を心に誓い、箱を仕舞おうとしたら箱の中身が空になっていたという。
何を言っているのかわからないと思うが(ry

※1本あたり
糖質:2g
蛋白質:9g
脂質:11g
食物繊維:11g



◆Atkins, ダークチョコレートデカダンスバー
サクサク風味のほろ苦チョコレート生地をさらにチョコレートで包み込んだ中も外もチョコレート尽くしなチョコレート好きの、チョコレート好きによる、チョコレート好きのための一本満足バー。
米国産プロテインバーは変わり種の味が多いが、これは至って正統派
せいぜい「チョコケーキとチョコクッキーを足して2で割った感じ」と形容できる程度のド正統派バー。
ギャルゲ―で例えると5人ヒロインの中央に位置する黒髪ロングのメインヒロインという感じだ!いや、ほろ苦ダークチョコレートがベースになっているからクールビューティーな攻略不可能サブキャラ先輩でゲーム発売後の人気投票では何故かメインヒロインを追い抜いて1位になっているような感じは如何でしょうか?
(いや、そういうのどうでもいいから)

※1本あたり
糖質:3g
蛋白質:9g
脂質:9g
食物繊維:11g



◆Atkins, チョコレートココナッツバー
チョコレートコーティングの中に細かく刻んだココナッツフレークが入っている…いや、違う。
細かく刻んだココナッツフレークを棒状に固め、その周囲をチョコレートが包んでいるという感じである。
触感はココナッツ。味もココナッツ。香りもココナッツ。口の中は初めからシャリシャリ。ずっとシャリシャリ。
嗚呼、濃縮された蒸し暑い南国の香りが口の中を飛び越えて鼻腔を突き抜ける。まさに南国。何故こんなに蒸し暑いのか。今夜の天気はきっとスコールに違いない。
ココナッツ好きの人にとってはまさに「黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)」となる天国のひととき。
しかしココナッツ苦手な人にとっては「いともたやすく行われるえげつない行為」となる地獄の晩餐。
「ココナッツぎっしり!確かなまんぞく!」色々と突き抜けた一品。こういうの、嫌いじゃないよ?

※1本あたり
糖質:2g
蛋白質:4g
脂質:12g
食物繊維:9g



◆Atkins, グリークヨーグルトバー, ブルーベリー
薄いヨーグルト味土台の上に敷き詰められたシロップたっぷりのグラノーラバー。
「さっくり」「しっとり」「ぬっちょり」が三位一体となった不思議なんだけれとも心地よい触感。
時折出現するフルーツの欠片が甘酸っぱいアクセントを入れてくれる。
和風のお菓子で例えると「湿度90%のあわおこし」という感じ。甘ったるいシロップがぬっちょりと奥歯まで絡みついて離さないッ!
※真冬に食べると少し硬いので、室温で温めると良いかも知れない。

※1本あたり
糖質:4g
蛋白質:14g
脂質:9g
食物繊維:9g



◆Atkins, レモンバー
グリークヨーグルトバーのようなあわおこし生地(ただし湿度少なめ)にレモンソースがまとわり付いたシンプルなサクサク触感バー
レモンソースの酸味は少なく、レモンの風味と甘味がある。レモン味というよりレモン味のお菓子の味。
チョコレート系バーのようなどキツイ甘さは無く、昼下がりのティータイムにJazzを聴きながら楽しむのに最適な甘さ控えめテイスト。
ガツンと来る甘さが多いAtkinsバーの中で唯一ナチュラルな味を楽しめる一品。ある意味、良い気分転換になる味。
※真冬に食べると少し硬いので、室温で温めると良いかも知れない。

※1本あたり
糖質:3g
蛋白質:13g
脂質:7g
食物繊維:9g



◆Atkins, チョコレートキャラメルムースバー
THIS IS ス○ッカーズ!!(2回目)
んなんだコレは!?「キャラメル・チョコレート・ピーナッツ・ヌガーバー」よりもさらにヤバい級のぬっちょりバーだ!
一言で言うと「ピーナッツが入っていないス○ッカーズ」であり、ガツンと来る甘さのチョコレート&キャラメル生地がぬっちょりと糸を引きながら口腔内を暴れまわるその独特の歯応えが脳内麻薬を分泌させ至福のトリップタイムに突入する!
ピーナッツが入っていない分、食感はチョコレートとキャラメルのみ!「無駄なものは要らない、ただ甘いものを食べられれば良い」と言わんばかりのブチ抜けた商品コンセプトすら感じる、甘いもの大好き系デブでなければ即ノックアウトされそうな狂気の一本。
真冬に食べてもそこそこ柔らかいので、暖かい季節に食べるとぐにょんぐにょんの喉ごしを楽しめるかも知れない!

※1本あたり
糖質:2g
蛋白質:3g
脂質:4.5g
食物繊維:9g



◆前半戦まとめ

品名 熱量
(kcal)
糖質
(g)

蛋白質
(g)

脂質
(g)
食物繊維
(g)
クッキー&クリーム・バー 200 4 14 11 9
キャラメル・チョコレート
・ピーナッツ・ヌガーバー
170 2 9 11 11
ダークチョコレートデカダンスバー 160 3 9 9 11
チョコレートココナッツバー 170 2 4 12 9
グリークヨーグルトバー, ブルーベリー 200 4 14 9 9
レモンバー 160 3 13 7 9
チョコレートキャラメルムースバー 120 2 3 4.5 9
※すべて一本あたりの栄養成分。


この中で3本だけ選ぶとしたら……
・クッキー&クリーム・バー
・キャラメル・チョコレート・ピーナッツ・ヌガーバー
・ダークチョコレートデカダンスバー
あたりでしょうか?

私は生粋の甘いもの大好き系デブ(しかもメタボ検診対象者)だったので、ガツンと来るチョコ味が好みです。
ガツンと来る甘さのチョコレート系は、ブラックコーヒーとよく合います(^ω^)

逆にあっさりした甘さが好みの方は、(この7種類の中からですと)レモンバーが良いかと思います。


後半戦の記事はこちら!
http://komzap.cooklog.net/review/20190303



拍手[8回]